<記録映画>空襲で負傷し障害…現状告発、東京で試写会(毎日新聞)

懸賞 2010年 01月 18日 懸賞

 空襲で負傷し身体障害者となった民間人が、その思いを語る記録映画「おみすてになるのですか〜傷痕(しょうこん)の民」(林雅行監督)の完成披露試写会が11日、東京都内で開かれた。

 傷痍(しょうい)軍人・軍属には補償があるのに対し、民間人の戦傷者は今も放置されている現状を告発する内容。出演は東京、大阪、名古屋など各地の空襲で手足を失ったり、失明したりした18人。

 民間人への補償を求める団体「全国戦災傷害者連絡会」の杉山千佐子会長(94)=名古屋市千種区=が各地の戦傷者を訪ねて、苦労と国への思いを語ってもらう構成。出演者は、傷の痛みや差別に苦しみ「戦争が終わってからが地獄だった」「国は私たちが死ぬのを待っている」などと語る。

 45年3月の名古屋空襲で左目を失った杉山さんは上映後、客席の前に立ち「援護法が制定されるまで頑張っていきたい。ご支援を」と述べた。会場からも「全国会議員にこの映画を見てもらいたい」との声が上がった。

 映画は7月から、東京、名古屋などで順次上映される。【山田一晶】

<ロケット花火>誤って着火、知人男性やけど 名古屋(毎日新聞)
現金書留入り郵袋なくなる…被害数百万円か(読売新聞)
行政書士と妻逮捕=架空会社で中国人雇用−資格外活動ほう助容疑・警視庁(時事通信)
陸山会の土地購入、小沢氏自身が融資書類に署名(読売新聞)
大学生の就職内定73%、2年連続前年下回る(読売新聞)
[PR]

by 49efd7smuu | 2010-01-18 20:24

<< <陸山会土地取引>家宅捜索 も...   小沢氏更迭「今その考えない」=... >>