知る人ぞ知る…座れば幸せ叶う椅子 神戸の異人館街、今は行列(産経新聞)

懸賞 2010年 06月 15日 懸賞

 神戸を代表する観光地の一つ、北野異人館街(神戸市中央区北野町)の山手八番館にある「サターンの椅子(いす)」が「座ると願いがかなう」と話題になり、連日、行列ができる人気となっている。休日には3時間待ちの日もあり、館は「人気が長続きしてほしい」と期待を寄せる。

 椅子は1階部屋の出入口をはさんで2脚ある。悪魔の彫刻が施されているが悪魔サタンとは関係なく、ローマ神話の豊穣(ほうじよう)の神「サトゥルヌス」の英語名「サターン」が名の由来。「座って願い事をすれば、『実り』かなう」と言われ、約20年前からひっそりと置かれてきた。

 地味な椅子が一躍脚光を浴びたのが、5月のテレビ番組。訪れた女性の願いがかなった−との放送後、客が殺到するようになった。9割が女性という。埼玉県三郷市から娘と一緒に来た加藤光子さん(54)は「何を願ったかは秘密」と目をつむり、真剣な表情で願いをかけていた。

【関連記事】
神戸のホテルでW杯参加国をイメージしたカクテルフェア
平城遷都1300年 TV番組「仏像大好。」がDVD化
神戸のパンダ、レンタル延長で合意へ 中国に年50万ドル
須磨沖で保護した迷いマンボウ その日に死亡
ゆるキャラ、神戸に集合 ポートタワー化粧直し

布川事件、再審初公判は7月9日=3者協議で決定―水戸地裁支部(時事通信)
「仲間内でやっていた」野球賭博申告の力士ら(読売新聞)
新党改革、参院選兵庫にNPO法人理事長(産経新聞)
<掘り出しニュース>「瓶ビールの記憶」 戦前からの80点、ポスターなども 日光の酒店(毎日新聞)
居酒屋の窓から男性転落死 業過致死の疑いも(産経新聞)
[PR]

by 49efd7smuu | 2010-06-15 11:45

  頭越しに地元反発、「強行なら成... >>