クロマグロ取引継続に全力=禁輸現実味で水産庁(時事通信)

懸賞 2010年 03月 17日 懸賞

 欧州連合(EU)が、絶滅の恐れがあるとされる大西洋・地中海産クロマグロ(本マグロ)の国際取引禁止案を支持する方針を打ち出したことで、13〜25日にカタール・ドーハで開かれるワシントン条約第15回締約国会議で日本が反対する禁輸案が採択される可能性が高まった。EUは昨年9月の段階では禁輸案に反対していただけに、水産庁はEUの対応に不満を抱きながらも、否決を目指した反対票集めに全力を挙げる考えだ。
 禁輸案は、175締約国のうち、投票した国の3分の2の支持で可決される。日本にとって、EU加盟27カ国が支持に動く打撃は大きい。
 EUが支持に傾いたのは、今年に入ってイタリアとフランスが支持に回ってから。漁業国のマルタなどは反対してきたが、EU内で禁輸案を支持する環境行政当局の意見が強まったとみられる。 

【関連ニュース】
〔動画特集〕築地市場マグロ競り-大人の社会見学
【特集】築地発「新鮮!魚の情報」
〔写真特集〕築地市場マグロ競り-大人の社会見学
マグロ禁輸阻止へ署名=築地市場の仲卸業者ら
反捕鯨団体と「同じ肌の色」=地中海マグロ漁への妨害示唆で発言

愛子さま、4日続けて登校(時事通信)
1票の格差、違憲状態=衆院定数訴訟で4例目−福岡高裁支部(時事通信)
岩手・久慈市長選で推薦候補敗退(産経新聞)
<JAXA>「あかつき」と「イカロス」公開 5月打ち上げ(毎日新聞)
漁船防波堤に衝突、6人重軽傷=「目測誤った」−北海道・釧路(時事通信)
[PR]

by 49efd7smuu | 2010-03-17 01:47

<< <茨城空港>開港、第1便飛び立...   在日朝鮮人、戦時徴用わずか24... >>