在日朝鮮人、戦時徴用わずか245人(産経新聞)

懸賞 2010年 03月 12日 懸賞

 戦時中の徴用令によって日本に渡航し、昭和34年の時点で日本に残っていた朝鮮人は、当時登録されていた在日朝鮮人約61万人のうちわずか245人だったことが10日、分かった。自民党の高市早苗元沖縄・北方担当相の資料請求に対し、外務省が明らかにした。

 資料は34年7月11日付で、245人について「みな自分の自由意思によって日本に留った者または日本生まれだ。日本政府が本人の意志に反して日本に留めているような朝鮮人は犯罪者を除き一名もいない」と結論付けている。

 永住外国人に地方参政権(選挙権)を付与する法案の推進派は、在日韓国・朝鮮人が自分の意思に反し日本に住んでいることを理由の1つとして挙げてきた。

【関連記事】
金総書記が朝鮮学校運営に指示「統廃合は敗北主義」
衆院文科委と社民が朝鮮学校を視察 教室に金総書記の肖像画も
北朝鮮“地下銀行”で初摘発、在日古物商に懲役9月
川端文科相「外交的配慮が無償化基準ではない」…朝鮮学校除外問題
朝鮮学校「文科省がカリキュラムをチェック」 高校無償化で官房長官
20年後、日本はありますか?

<東大地震研>浅間山の内部構造再現 素粒子使い立体的に(毎日新聞)
高円寺駅で人身事故、JR中央線運転見合わせ(読売新聞)
民主都議スタッフ、身分偽り五輪招致映像費を調査(産経新聞)
<子ども手当>公明が賛成へ 民主と修正合意(毎日新聞)
越前ガニ 水槽内ゆらゆらと…ふ化ピーク 福井(毎日新聞)
[PR]

by 49efd7smuu | 2010-03-12 22:30

<< クロマグロ取引継続に全力=禁輸...   投薬後の死亡で「遺憾」=遺族と... >>