投薬後の死亡で「遺憾」=遺族との調停、県が解決金−兵庫(時事通信)

懸賞 2010年 03月 11日 懸賞

 5年前に肝不全で死亡した女性=当時(74)=の長女が、兵庫県立加古川病院(現県立加古川医療センター)で肝障害を悪化させる薬を投与されたのが原因として、県に損害賠償を求めた調停が8日までに、神戸簡裁で成立した。県側が約300万円の解決金を支払う。
 調停調書ではこのほか、県側が遺憾の意を表明し、この薬の禁忌、副作用などに配慮すると定めた。
 遺族側弁護士は「調停でこうした条項を盛り込むのは珍しい。事実上過失を認めた」と評価している。 

<啓蟄>大型の珍チョウ「オオゴマダラ」羽化 伊丹市昆虫館(毎日新聞)
<掘り出しニュース>ヴェネチア仮面祭 体験して 31日まで、箱根の美術館で(毎日新聞)
暴力団勢力、2.1%減=覚せい剤、詐欺の摘発増加−警察庁(時事通信)
国交省、緑ナンバーのエコカー補助金申請受付を19日から再開(レスポンス)
予算案、今夕衆院通過=委員会で可決へ(時事通信)
[PR]

by 49efd7smuu | 2010-03-11 01:10

<< 在日朝鮮人、戦時徴用わずか24...   国交省、緑ナンバーのエコカー補... >>