「変な女に金貸して困ってる」鳥取不審死被害者(読売新聞)

懸賞 2010年 03月 06日 懸賞

 鳥取県の連続不審死で、強盗殺人容疑で再逮捕された元スナックホステス上田美由紀被告(36)について、被害者のトラック運転手矢部和実さん(当時47歳)が「変な女に金を貸して困っている」などと周囲に話していたことがわかった。

 金融機関から金を借りてまで、上田被告に計270万円を用立てており、金銭トラブルが犯行の引き金になったとみる県警は、詳しい経緯を調べる。

 捜査関係者らによると、2人は2007年頃、スナックの客同士として知り合った。上田被告はこの店で働いていた女性の「同級生」を名乗って矢部さんに接近。その後、「生活が苦しい」などの理由で借金を頼むようになったという。

 矢部さんは数回にわたって応じ、金融機関から200万円を借りて渡したこともあった。08年末頃には、知人らに、「変な女にかかわり、借金ができた」「自分でも、何が起きているのか、よくわからない」などと漏らしていたという。

 09年2月26日には、アパートに来た上田被告が勧めるビールを飲んで寝込んだ後、ぼやが起きた。これを機に矢部さんは計270万円の返済を求めるようになった。同年4月4日、上田被告に睡眠導入剤を飲まされ、同県北栄町沖の日本海で水死させられたとされる。

 県警の調べに対し、上田被告は雑談には応じるものの、事件について追及されると、黙り込んでしまうという。県警は5日午前、上田被告を同容疑で送検した。

小林氏の議員辞職要求=「政治とカネ」を徹底追及−自民幹事長(時事通信)
学力テスト 問われる抽出方式(産経新聞)
成田「団結小屋」撤去と土地明け渡し判決(読売新聞)
新任教員の免職取り消し確定=京都市の上告退ける−最高裁(時事通信)
愛子さまが通学せず=学校生活、不安訴え−宮内庁(時事通信)
[PR]

by 49efd7smuu | 2010-03-06 08:45

<< <コンテナ新法>積み荷情報通知...   アクアライン「海ほたる」が閉鎖... >>