佐藤道郎

懸賞 2010年 03月 02日 懸賞

佐藤 道郎(さとう みちお、1947年5月5日 - )は、日本東京都中野区出身のプロ野球選手(投手)、野球解説者(野球評論家)、野球指導者・監督。愛称は「ミチ」。あるいは「ミチさん」。来歴・人物日本大学第三高等学校から日本大学に進む。3年次にチームが2部リーグに降格するが、4年次に1部リーグに復帰すると春秋連続で8勝という大車輪の活躍で東都大学リーグ連続優勝に貢献し、最高殊勲選手、最優秀投手、ベストナインを連続獲得した。年間16勝は、2007年に東洋大の大場翔太が17勝するまでリーグ記録であった。1969年秋季リーグの5完封勝利は、1974年秋季リーグでの東洋大・松沼博久と並ぶリーグタイ記録。1部リーグ通算40試合登板し20勝9敗、防御率1.52、148奪三振。2部リーグで12勝。1970年ドラフト1位で南海ホークス(背番号:14)に入団。この年は野村克也選手兼任監督1年目でもあり、佐藤はリリーフに抜擢され18勝、防御率2.05の成績で最優秀防御率、新人王のタイトルを獲得する。当時まだセーブ制度のない時代にあって、不動のリリーフとして活躍し1973年のリーグ優勝に貢献。また当時としては画期的だった「ノーワインドアップ投法」を取り入れていたことでも知られる。1972年には最高勝率、1974年には2回目の最優秀防御率とともに、この年創設された初代最多セーブ投手も獲得する。1977年からは江夏豊のリリーフ選任により先発へ転向するも、翌年就任した広瀬叔功監督の構想外となり1979年に横浜大洋ホエールズに移籍。しかし力の衰えは隠せず、翌1980年引退。引退後は東京12チャンネル→テレビ東京・スポーツ報知などの野球評論家を経て、1984年〜1986年稲尾和久監督のもとロッテオリオンズ、1991年〜1992年中日ドラゴンズ、1993年〜1996年近鉄バファローズの投手コーチを務め(1993年・1996年1軍、1994年?1995年は2軍)、1997年〜2003年ラジオ大阪解説者、2004年からは落合博満監督の強い要望により中日二軍監督に就任し、2004年ウエスタン・リーグ優勝及び、ファーム日本一に導き2006年まで務めた。現在の夫人は、元タレント仲根かすみの実母。かすみは2005年12月10日、福岡ソフトバンクホークス投手・和田毅と結婚したため、佐藤と和田は"婿と舅"の関係になっ

<普天間移設>辺野古は困難…防衛相「越年で覚悟」(毎日新聞)
<私立中学校>愛知県内で入試始まる 23日は9校で実施(毎日新聞)
<皇太子さま>皇室は時代時代で変化 50歳会見(2)(毎日新聞)
普天間継続発言、危機感アピールも… 岡田外相空回り(産経新聞)
県アルバイト職員を逮捕=8000万円詐取か−兵庫県警(時事通信)
[PR]

by 49efd7smuu | 2010-03-02 00:36

<< 間寛平さん イラン映画に主演 ...   官房長官、調査捕鯨「提訴される... >>